ソアレ エクスチューンMB S76UL-S インプレ

感想がまとまってきたのでインプレ

ソアレ エクスチューンMB S76UL-S

シマノから2021年秋にリリースされた

仕舞い51cmパックロッド

34BCR-56ジグ単専用とするなら

S76UL-Sは長さを活かした汎用性の高さが強み

スプリット,ライトフロート,プラグ,マイクロジグ

2本でライトゲームのほぼ全てをカバー出来る!

スペック

長さ重さルアーラインティップ先径セクション仕舞い
2290mm72g0.5 ~ 5.0gPE0.1 ~ 0.6号0.8mm551cm

お値段44000yen前後

長さ

スプリットライトフロートなどを遠投するのに

76のレングスは非常に役に立つ

PE0.2号と併用すれば30~40mは飛ぶ( ゚д゚)

その反面ジグ単での縦の釣りはやや苦手

横の釣りをする分には全然問題なし

基本的にはスプリットライトフロートを使い

メバリングをする時にはジグ単という感じ

重さ

76のレングスで72gとパックロッドとしては

凄まじく軽い部類( ゚д゚)

ロッド単体ではごく僅かに先重り感があるけど

重めのリールを合わせるとほぼ解消出来る

16セルテート1003にリールスタンド付きの

217gを合わせると丁度良い感じ

ルアー

対応ルアーは0.5 ~ 5.0gまで

私が使う範囲だと

  • ジグヘッド 0.75 ~ 1.75g
  • スプリット 2.5 ~ 3.0g + 0.2 ~ 0.5g
  • ライトフロート 3.3g + 0.2 ~ 0.5g
  • プラグ 2.7 ~ 3.2g
  • マイクロジグ 1.5 ~ 3.0g

こんな感じで4.0gを超えない感じ

重めのキャロやフロートは投げれないので

そこには注意が必要だ( ゚д゚)

ジグヘッド

0.75gを使った縦の釣りそこそこな感じ

ベストな重量は恐らく1.2g前後

ただしレングスが76とかなり長いので

ショートロッドと比べると操作感の面で

ややレスポンスが遅い印象を受ける

感度面は全く問題無し

 

横の釣りはとても良い感じ

軽量な物でも遠投が効くのと

繊細なティップが当たりを弾く事なく

良い感じで乗せてくれるので

メバリング用としては最高に近い

スプリット

シンカー2.5 ~ 3.0g + ジグヘッド0.2 ~ 0.5g

私が主に使う重量はこんな感じ

2.5g + 0.2gが最近のお気に入り

飛距離,操作性,感度,全てが高次元

不満らしい不満は何一つ出てこない( ゚д゚)

無理にあげるとしたら

柔らかく柔軟なソリッドティップなので

1番重い3.5gを投げて潮の重さが過度に乗ると

ややティップが負けてしまう場面があった

その時はアクションにベリーも使う感じ

感度はティップが負けていても健在なので

特に不都合なく使える( ゚д゚)

ライトフロート

シャローフリークプチ3.3gを用いた

フロートゲームとの相性はとてもとても良い

恐らくS76UL-Sを使う上で最も適したリグの1つ

76のレングスなのでリーダーを長めに取っても

問題なくキャスト出来るし

基本的にリーリング主体の横の釣りなので

柔軟なティップが良く仕事をし

小さな当たりも伝えるし乗せていく

シャローフリークプチ専用ロッドと言われても

私は驚かない( ゚д゚)…!!

プラグ

使用回数が少な過ぎるけど

結構良い感じに使える( ゚д゚)

随時更新予定…

ライン

モノフィラメントラインは1~3lbまで

PEラインは0.1 ~ 0.6号まで対応している

ルアーが最高でも5.0gまでとなっているので

リグの重さに合わせてラインを選ぶ必要が無い

純粋に魚に合わせてラインを選ぼう

個人的にはPE0.2号推し( ゚д゚)

ティップ先径

  • 上 ソアレ エクスチューンMB S76UL-S
  • 下 BCR-56

ティップはソリッドの0.8mm

非常に柔軟かつ繊細

ハリのあるパッツン系ソリッドでは無く

BCR-56と同じ系統のティップでよく曲がり

軽量な物でもティップに重さが乗るので

レングスと相俟って非常によく飛ぶ

どちらかと言うと横の釣りが得意な

メバリングロッド寄りのティップとなっていて

ライトフロートとの相性がとても良い

セクションと仕舞い

5本継仕舞い51cmと非常にコンパクト

同時発売の68は何故か4本継で仕舞い55cm

76の方がコンパクトに持ち運べる…( ゚д゚)

個人的には68のレングスが好きなので

5本継だったら68を選択していたかも…

因みに付属のロッドケースはかなり大きい

そして竿袋は無くロッドベルトのみ

この値段なら竿袋くらい欲しいよね(´∀`)…

ソアレ エクスチューンMB S76UL-Sの特徴

76のレングスを活かした遠投性能

柔軟で繊細な乗せ調子のティップ

そして大物が掛かった時でも対応できる

しっかりとしたバットパワー

これは尺メバルを釣れってコト…( ゚д゚)…!?

キャスト

76のレングスながら振り抜きと収束が良く

スプリットやフロートは非常に気持ちよく投げれる

一定の重さがあるリグならダルさは一切感じない

それに加えて軽量なジグヘッドでも飛ばせる事が

最大の特徴ではなかろうか( ゚д゚)?

柔軟なティップは0.75gでも十分に重さが乗り

反発力を活かして非常に良く飛び

BCR-56と比べると4割り増しで飛んでいる印象

ただし振り抜きと収束が軽い物だとイマイチ

若干のダルさを感じるかもしれない

飛距離は申し分無いのだけどね( ゚д゚)…

感度

掛け調子のピンピンの反響感度というより

繊細で柔軟なティップを活かした違和感の感じ易さ

潮の変化をティップでダイレクトに感じたり

食い上げた時のテンションの抜け

そう言った面での感度がとてもとても高い

また基本的にPEラインと合わせる事もあり

反響感度も驚くほど良い

感度面で不足を感じる事はまず無い( ゚д゚)

バットパワー

  • 上 ソアレ エクスチューンMB S76UL-S
  • 下 BCR-56

BCR-56でも42cmのハマチを取れたので

それより明らかに太くてパワーを感じる

S76UL-Sなら50cmでも取れる気がする…

取れてしまう気がする( ゚д゚)…

 

ロッドの構成は

  • ティップ 非常に柔軟
  • ベリー やや柔らかめ
  • バット しっかり

という感じなので

魚に走られると結構な勢いで曲がるけど

バットがその全てを受け止めてくれる感じ

この辺はBCR-56と似ている構成だと思う

ただ基本的なパワーはS76UL-Sの方が高く

アジやサバの25cm前後に主導権を取られる事は

まず無いと言える( ゚д゚)

カーボンモノコックグリップ

グリップ周りがEVAでは無くカーボンで出来ている

EVAより遥かに硬く中空構造なので

反響感度が高まっているのを意外と実感出来る

そして懸念事項であった滑りやすさだけど

EVAと比べて特に滑るという印象は無く

ちゃんとグリップが効くので安心( ゚д゚)!!

ただし弱点もある

気温が低い時に持つと冷たい(´∀`)w

エンドキャップはカーボン製ではなく

硬いゴム?か何かなので

コンクリでロッドを立てても割れる心配は無い

ソアレエクスチューンMB S76UL-Sの魅力

BCR-56でも感じた事だけど

最近のパックロッドは本当に2ピースと遜色無く

もはや使っていて違いが分からない( ゚д゚)…!!

それでいて仕舞い51cmというコンパクトさ

技術の進歩を感じる…!!

運搬を車に頼らない仕舞い51cm

パックロッドの魅力は何と言っても

携帯性の良さに尽きる( ゚д゚)!!

仕舞い51cmは色んなカバンに収まる長さで

運搬を車に頼らない自由さがある

自転車や電車でも釣りに行ける様になるぞ!

この自由さを活かすことによって

釣り+〇〇が可能になるのがとても良い

旅行+釣り…仕事帰り+釣り…みたいな( ゚д゚)

まぁ新型コロナの影響で行けてないのだけど…

汎用性の高さ

やや苦手なジグ単の縦の釣りを除けば

  • ジグ単 横の釣り
  • スプリット
  • ライトフロート
  • プラグ

これらを高次元で扱う事の出来る汎用性の高さ

メインの1本としてもサブの1本としても

どちらでも活躍する事の出来る素晴らしい塩梅

個人的にはジグ単以外をカバー出来るので

BCR-56S76UL-Sの組み合わせは

とても理にかなっているのでは…?

と自画自賛している(´∀`)…!!

終わりに

ソアレ エクスチューンMB S76UL-Sは良いぞ!

余りの良さに宵姫 爽73Lの出番が無い(´∀`)w

5.0g以上を投げる場面が無いんだ…

来年のキス釣りに期待だ…!!

個人的にはBCR-56とS76UL-Sの2本で

ライトゲーム用のロッドは完成した感がある…

満足してしまった(´∀`)…

2ピースに戻れない…どうしよう…

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました